Photography by yOU (yuko kawasaki)

山野 ミナ  vocalist/singersongwriter

大阪出身。現在は東京在住。
大阪芸術大学 美術学科 卒業


ジャズレコードコレクターであり、絵画や彫刻品などのコレクターでもある父を持ち、幼少の頃から自然とジャズやアートに触れてきた。
大学4年間では美術を学び油絵を描いていたが、在学中に出会ったミュージカルの舞台に衝撃を受け、舞台の世界を志すようになる。
ミュージカルの養成所で歌やダンス、芝居を習い数々の舞台経験を経て2010年より関西のジャズハウス中心にジャズ・ボサノヴァなど歌い、ライブ活動を開始。
2011年2月11日WBC世界タイトルマッチ井岡一翔VSオーレドン・シッサマーチャイ(TBS中継)にて日本国国歌『君が代』を独唱した。

2012年から拠点を東京に移し、活動中。
ボサノヴァ歌手である従兄弟のヒガシノリュウイチロウ氏の影響でブラジル音楽に興味を持ち、サンバやMPB、ボサノヴァなどブラジル音楽を本格的に歌い始める。
自身のオリジナル曲や、ギタリスト小畑和彦氏との合作によるオリジナル曲も多い。

2014年にはボサノヴァアルバム『Brailian Groove featuring MinaYamano』にゲストボーカルとして参加し、独特な歌声と正確な発音で好評を得た。

2016年、
99年よりアメリカで活躍し、帰国後はギターリストのほか、アレンジャー、コンポーザー、サウンドプロデューサーとしても活躍する伊藤君子、小野リサ、辛島美登里などの活動でも知られる、平岡遊一郎氏をサウンドプロデューサーとして迎え、 自己の1stミニアルバム『VIROU AREIA』を発表。
軽やかで少し哀愁の漂う唯一無二の歌声で聴かせる。